月曜日, 6月 10, 2019

庭の花・・・クレマチス

クレマチスに雨滴が付いて、梅雨が似合う。

数年前に滴がよく似合うと植えたクレマチス。やっぱり雨降りが似合う。
今朝はレンズが当たって、せっかくのチャンスを逃がしてしまった。たった一枚だけど証拠写真として。




安宮神社に咲くミヤコワスレ

安宮神社に咲くミヤコワスレの花は、可憐な淡い紫色・・・大好きな色の一つ。


修那羅山安宮神社の朽ちた鳥居から社に続く道はフタリシズカが咲いている。













今年もいっぱい咲いている。


石仏とのコラボがステキ( ͒ ु•·̫• ू ͒)

修那羅山安宮神社はミヤコワスレがいっぱい(((o(*゚▽゚*)o)))

隣村(青木村)には国宝の大宝寺の三重塔があるのでちょっとだけ寄り道をしてみた。


安宮神社の近くの讃岐うどんのお店「坂のうえ」の営業日を調べておうどんの写真を撮ろうとカメラまでもってお店に入ったのに、目の前に出されたおうどんを見て写真撮るのも忘れて今回も食べ終わって気が付いた(苦笑)。

修那羅山安宮神社はコチラから

国宝大宝寺の三重塔はコチラから

坂のうえはコチラから






火曜日, 5月 28, 2019

庭の花・・・初夏へ

5月の風薫る季節なのに猛暑・・・日本列島は茹ってしまうよ。

私の狭い庭は、鬼芥子(オリエンタルポピー)が咲いて夏が来る(^^♪

嫌われてしまったとあきらめていたフタリシズカが咲いた。ボケボケだけどこんな写真もいいかなと思って。ヒトリシズカも咲きそうなのがうれしい。

シラーは春の花? シラー・ペルビアナは球根を購入してから2年目で優しい藤色で咲き始めた。

春の食卓をにぎわしてくれた、行者ニンニクが花をつけて、形容しがたく面白い。


今日は雨降りの予報でプランターで咲いたサクラソウを地植えにした。朝夕の水やりは大変でなるべく地植えにして怠けたい(苦笑)
足の骨折をして、踏ん張る力がなくなったら写真がボケる。ボケていても素敵な写真ってあるのかな???





木曜日, 5月 16, 2019

庭の花

狭い庭でもとっても忙しい。雨が降らないから水撒き・・・でもきれいに咲く花を見るとうれしくて精が出る。
開いてしまうと2日間だけど真っ白くてかわいい…シラユキケシ

早くから咲き始めていたけど、カメラにおっさまりにくかったジュウニヒトエ

ヒュウケラの濃い紅色と優しいピンク・・・毎年変わらぬ顔を見せてくれる。












夏に向かって涼しげな顔を見せてくれたチョウジソウ


私の庭に咲く花は多年草で強健なものばかり(⌒∇⌒)。




日曜日, 5月 12, 2019

山菜が美味しい‼

長野市でアパート住まいをしている孫に食料を届けに行く途中、道の駅によって山菜を買った。
たけのこはわかめと炊いて山椒の葉を散らして食べたその美味しかったこと。絶品‼
コゴミ、コシアブラ、タラの芽、フキノトウはてんぷらで…これまた美味しい😋

帰り道は白馬周りで…貞麟寺へ
例年、墓地の奥のカタクリにヒメギフチョウが翔んでいるのを見かけるが、3時を回ってしまうと駄目だよね。

風に吹かれる桜と風に飛ばされないように息を止めている桜。








土曜日, 5月 11, 2019

庭の花・・・Ⅱ

山シャクヤクが3年目にして花をつけた。根分けをしてくださった友人に話したら“私のは、今年花をつけない。”と嘆いていた。
私はヤッターと控えめにこぶしを突き上げた(((o(*゚▽゚*)o)))

昨年までは大きな株でたくさんの花をつけたタイツリソウ(ケマンソウ)の花を白色は写真の撮りようがないほど茂っているが、赤色は昨年の株の半分もない。来年は大丈夫かなとパチリ。

オキナグサは本来の姿を見せ始めている。翁草の名前の由来となっている老人の白髪が風にそよぐ姿を見せるのももうすぐという感じ。

父の形見となった、岡山県の山の奥からやってきたシャクナゲ(50年は経った)、当初は盆栽仕立てだったが今は地植えに。今年は花つきが良くて競うように咲き始めた。

ブログにUPしようと写真を撮って、2,3日ぐずぐずしていたら、次々に花は咲き始めるし、草も出てきた。ガーデニングって大忙し・・・水やり、花がら摘み、草取り等々。




金曜日, 4月 26, 2019

私の庭に花が咲き始めた(*^-^*)

いつもは草だらけの庭が今年は草取りが進んでいる。
這うようにして草取りをして花苗を定植した。これから花の先始めるのが楽しみ🎵

今咲いている春にはおなじみのチューリップ

見頃を過ぎているけどシャクナゲ

20年以上,毎年のように花を咲かせる原種チューリップ

刈り込みすぎて花の少ないけど・・・椿

穂先に無数の花をつけて咲くユニークなブルビネラ

そして花好きなブログ友から届いたワスレナグサ

この暖かさに誘われてこれから次々と狭い庭に花が咲きそうだ
(((o(*゚▽゚*)o)))






水曜日, 4月 24, 2019

冬眠から覚めて・・・小諸懐古園

骨折をして時々目を覚ましてみたが・・・骨は健康と医師の太鼓判をもらって気持ちが晴れた(*^-^*)

まだ踏ん張りの利かない足で、小諸懐古園の桜と動物園に出かけた時のレポート。石段は登れなかった(涙ポロポロ)

この日(4月15日)小諸懐古園の観察木は桜の開花宣言


観察木のこの枝が一番賑やか。
桜の花は咲き始めると暖かさに誘われてあっという間に見頃になってしまう。






野面積みの石垣は400年前のままの姿で残されていて、城跡を巡りながら面影を偲ぶ。






推定樹齢500年 目通り幹囲 6.1m。歴史を見つめながら大きくなり何でも知っていそう。






桜は見事に咲いたかな?(o^―^o)ニコ






眼下に千曲川がながれて

昔、昔、懐古園で遊んだ時に聞いた草笛が懐かしい。

マンホール蓋は2枚もゲット出来て大出来(((o(*゚▽゚*)o)))



浅間山を背景にして、小諸城址三の門を描き、周りは市の花コモロスミレと市の木ウメで彩っている。








小諸城跡 懐古園の三の門を正面から捉えたデザインで初めて見たプリントシール蓋です。






快晴に恵まれた日の久しぶりの懐古園は、気心の知れたお仲間と一緒で楽しかった。
桜の木の下でお弁当を食べた後は隣接の動物園にも行きました。