月曜日, 6月 30, 2008

茅の輪くぐり

今日は氏神様の水無月の大祓の日。写真を撮りたくて出かけたのだけど、社殿に上がらせていただいて 宮総代の皆様や幼稚園児と一緒に夏越し(なごし)のお祓いをしていただくことになりました。

神前におかれた茅で作った大きな輪の中を、「水無月の夏越しの祓いする人はちとせの命のぶというなり」と宮司さん唱えるる中を左、右、左と三度くぐり抜けて半年間の罪穢れを祓い心身清らかになって残りの半年間の無病息災の力をお授けいただくのだそうです。

写真を撮りに出かけたのですが、思いもよらなかった宮司さんのご厚意で神前のお祓いをしていただくことができました。夏バテをしないですっきりした気分で年末まで過ごせますようにm(__)m

         (写真の中でクリックしていただくと少し大きな画面になります)

8 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

お祓いしていただけたなんて・・・いいなぁ・・・今年の夏はバッチリですね。

siketa さんのコメント...

思わず感謝でした。
とても とても 勉強した気持ちになりました。(神様の事)
お世話になりました。

hanazakuro さんのコメント...

お祓いしていただきよかったね。これで今年1年安心して、元気で頑張れますね。
写真いろいろ工夫していてすごいなー。

tukumogusa さんのコメント...

三の宮が由緒あるお宮さんだったなんて
初めて知りました。神主さんのお話
勉強になりました。
お祓いして頂いたから後半年
無病息災で過ごしたいですね。

てまり さんのコメント...

ラッキーでしたね。
神主さんからお祓いして頂いたり
茅の輪くぐりを園児と一緒にしたりして胸が熱くなりました。
ウンジュウネン生きていて初めての経験でした。後半はきっと無病息災頑張れるよね。

aotama さんのコメント...

お祭りの雰囲気が伝わってきます、お祓いまでしていただきラッキイでしたね、ますます元気にいろんな事ができそうですね。

この写真の作り方こういうときにはいいですね、おもいが伝えられて素敵です。

noko さんのコメント...

茅の輪、四柱神社にもありました。
以前にも見た事がありましが、どんな意味があるのか解りませんでした。
kiyoさんのブログでやっとわかりました。
私も行って身を清め、無病息災の力が授かるように、茅の輪くぐりをしてこようかしら・・・・

kokoro さんのコメント...

伝統ある貴重な行事に参加でき
よかったですね。
幸せな日々が過ごせるように
安心してお元気に頑張って下さい。
写真素敵なページに作れるんですね。
いいな~羨ましいです。