日曜日, 7月 15, 2007

北海道・東北の山歩き

船内の様子
釧路駅前和商市場
日本一遅いといわれる釧路湿原のろっこ号
釧路川をカヌーで下ると・・・
 
 ○○おじさんは今年中に深田久弥の百名山を仕上げてしまうために、北海道にあと2座残している山に出かける計画を立てたので、私も一緒に出かけることにした。とはいっても日ごろ山に登っていない私は登山口をうろうろするしかない。これも結構楽しくてトップハンターの皆さんには考えられないことらしい。
 スタートしたのは6月28日新潟港初23時30分発のフェリーに乗船、翌17時20分苫小牧東港着で同行の3グループ(6人)は日ごろの骨休めのゆっくりゆったりの船旅だったが、苫小牧に着くと緊張がはしる。日高山脈の最高峰・幌尻岳を目指す5人はテントを張るために日高のキャンプ場へ、私は釧路湿原への一人旅。札幌を経由して夜行バスに乗り30日早朝釧路駅に着いた。

 今年釧路で実現したかったのは釧路川をカヌーで下ること、日本一遅いといわれるトロッコ電車に乗ることだった。雨にこそあわなかっものの、梅雨空のもと広い釧路湿原を蛇行する釧路川をくだり、上からも下からも釧路湿原を堪能して、今年の北海道から東北の山歩きが始まった。(台風4号の到来で予定より早く帰路につくことになったが・・・)

4 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

おかえりなさい。
また写真たくさん見せてくださいね!

kanaguya さんのコメント...

長旅お疲れ様でした
楽しい旅の写真一杯見せてください
ブログでも見せてね。

hanazakuro さんのコメント...

念願がかないよかったですね。私も行きたかった。残念です。あとは写真を楽しみのしています。

匿名 さんのコメント...

予定より早いお帰りでびっくりしました。
長旅おつかれさまでした。
写真や、お話楽しみにしています。