日曜日, 10月 08, 2017

栂池自然園の紅葉

晴マークと見頃の情報で出かけた栂池自然園は大当たり(((o(*゚▽゚*)o)))

自然園第一歩の白馬岳(?)とナナカマド

木道を秋の冷たい心地よい風を受けながら草紅葉の湿原を友とすばらしい紅葉に感嘆の声を上げながら歩く

ダケカンバが白い幹を出して、やがて来る厳しい冬を告げ・・・

湿原の池塘は落ち葉を待ち受け、ダケカンバの白い幹をゆらゆらと揺るがせて秋を語る。

栂池自然園のシンボル「栂池ヒュッテ」の赤い屋根が木々の紅葉の中で映えている。

秋を満喫した贅沢な一日でした。







土曜日, 10月 07, 2017

乗鞍エコーライン錦秋・・・Ⅱ(9月30日)

秋の乗鞍エコーラインは大好き。昨年からバス代が少し値上がりしてが島々バスターミナルから6000円で2日間紅葉が楽しめる。もう10年以上はこのチケットを利用して乗鞍と上高地で遊ぶ。
今日は朝から秋晴れ(((o(*゚▽゚*)o))) 槍穂がくっきりと見えている。

氷柱が下がるほどとは思わなかったが、この冬の初観察

今日はバスを乗り降りしながら、錦秋のエコーラインを堪能する。昨日同様宝徳霊神のチングルマは人気者

何回か追いつ抜かれつして下っていたグループから声をかけられた。少し休んでここでトリック写真に挑戦しませんかって。
撮った写真はこれ・・・お若い人たちは写真も面白い!

そしてベストポイントでナナカマドと乗鞍の主峰剣ヶ峰を記念撮影してバスに乗った。

すばらしい紅葉、澄みきった秋空 いい秋‼






乗鞍エコーライン錦秋・・・Ⅰ(9月29日)

連日の寒さで、乗鞍エコーラインの紅葉は枯葉になって落ちてしまっただろうか?
一番の見頃に2日間続けて行くことができた。1日目はエコーラインのバスに乗る時は青空が広がって秋晴れの上天気で♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ルンルン
ところが上のバス停(肩の小屋)に着いてカメラを出した途端にガスガス。こんなはずではなかった近くでも撮れるチングルマまでは早く下ろうと
・・・取り合えずここで1枚。う~~んいい色と自画自賛(苦笑)

光があたると大急ぎでパチリパチリとしながらガスと競争してチングルマまで小走りで下る。

私たちの住んでいる町が…はるか向こうに見えている。

みんな同じ思い、宝徳霊神のチングルマ通りは銀座通りと化していた。何とか割り込んで撮ってみる。

ホシガラスの歓迎を受けて

やっと見せてくれた青空とダケカンバの黄色が眩しい‼

ナナカマドの真っ赤な紅葉はもっと眩しかった

翌日のための少し余力を残したかったので車に乗せていただいて位ヶ原まで下った。
つづく






月曜日, 9月 25, 2017

渡りの蝶・アサギマダラ

青空に向かって飛んでいるところを撮ってみたいと毎年思っているが上手くいかない。今年も渡りの季節が来て上手くいかないアサギマダラの飛翔を諦めることができなくて出かけてみた。
途中で静かな中綱湖を写友の真似っこをしてパチリ

きっと紅葉の季節もステキだろうと・・・青木湖のラーメン屋さんを目的にしてまた来ようと(苦笑)

一昨日は森に入ってお昼寝中で蝶の図鑑出でているようなのを一枚撮って帰ったけど、これもいいねと言われてうれしかった。

さて今日のフジバカマの丘は青空のもと

数頭だけど飛んだり、とまって蜜を吸っている。


粘りに粘ってもやっとこの程度

次回はもう少し腕を上げたい。






木曜日, 9月 14, 2017

赤沢渓谷~~激しく時にはスローで

まだ夏の暑さが残っているのに赤沢渓谷は秋の爽やかな空気が充満していた。
各々が思い思いにカメラを構えて流れと向き合っている。

飛沫を上げて、勢い流れる渓流・・・

だけど私はスローシャッターが好き



橋の上から・・・あの糸のような流れ面白い と

もっとシャッタースピード上げたらクリスタルになって輝きを増した。

久しぶりに水にレンズを向けたら面白くて楽しくて2日も通ってしまった秋を感じた日。




水曜日, 9月 13, 2017

初秋の渓流~~赤沢渓谷

渓谷に行くのは春から夏まで?とんでもなかった。
爽やかな季節の渓谷は体も心も心底爽やかになった。

流れる水は夏の残りの太陽のまなざしで揺らめく。

一枚岩の岩床は長い年月に抉られ削られ、まるで古代の遺跡のよう

そしてそこ住むのにちょうどいいような可愛い不思議な苔も発見

お話が作れそうな見つけものが次々と・・・
  流れ落ちる水がCRYSTALな鉢になって水がはじけ落ちる

楽しい一日は、もう少しつづく。




水曜日, 9月 06, 2017

牛伏川のほとり

「牛伏川の自然を楽しむ会」を主催する知人がいて、あの暑かった夏が嘘みたいに涼しくなった昨日、自然観察会に参加して雑草?がいっぱい生い茂ったフランス式階段工で有名な牛伏川の流域を歩いてみた。
いろんな山野草があったけど、特に興味を持った山野草二つ‼
こちらはジイソブ・・・先日霧ケ峰でバアソブに出会いジイソブはどんなかと興味を持っていた。今回はソブ(ソバカス)もレンズに収めることを忘れなかった。

こちらは霧ケ峰で見つけたバアソブ。ジイソブの方が一回り大きかった。どちらもステキで☆。◕‿◕。)ノ♡☆

そしてナンバンハコベ。ナンバンとついているけど日本古来のものらしい。カメラ写りがステキだった。

花のあと。

実をつけた山野草も数多くあって、ナイフで割ってその中も見たい衝動にかられた半日だった。





月曜日, 8月 28, 2017

新そばが楽しみ・・・中山高原

この夏は、青空の日が少なかった。日照不足で野菜のできも悪く、お台所を直撃(ノД`)・゜・。

北から天気回復の予報を見て、少しの用事を足しながら中山高原へ♪ q(^-^q)(p^-^)p ♪
スキー場だったなだらかな丘陵地は、秋の声が聞こえ始めると真っ白い蕎麦の花が風に揺れ北アルプスをバックに素晴らしい広がりを見せてくれた。

















蕎麦の花の香りはあまり好きではないが、蜂は盛んに飛び交っている。まだ朝露が残っていてファインダー越しは素晴らしい世界。

雪解け水がつくる「幻の池」はミソハギが花盛り(*´▽`*)

菜の花を蒔く準備だろうかトラクターが幻の池の斜面に向かっていった。

かかし祭りにも寄る予定が、時間切れで寄れなかった。残念無念
(´;ω;`)ウゥゥ