木曜日, 6月 20, 2013

休暇村茶臼山写真教室・完 (面の木園地)

今日も大雨警報があちこちに出ている。被害が出るほど降らないようにと祈りながら今日一日が始まる。美ヶ原・思い出の丘あたりまで遠出しようとしたけど…空模様と相談することにした。
休暇村茶臼山の写真教室は毎回のように南信州売木村に隣接する面の木園地のブナを撮りに行く。今回も最終日の午前中を出掛けた。

新緑の柔らかい芽吹きをいただいて、このブナの木は胸を張って正々堂々としている。歳を重ねてキラキラしていく女性のように見えませんか?

あいにくのくもり空だけど、日々色を重ねて夏を迎える緑も清々しかった。

足元の枯葉の中にはギンリョウソウも咲いている。

渓流で流れを撮って、私はまだこういう題材は無理。すべてがわからなくて?が無限に並んでしまう。




5 件のコメント:

Nonko Hanon さんのコメント...

写真を拝見しながら、うらやましく、うっとりと見とれています。
2泊はちょっと出られないなぁ、O先生の人柄も良いし、じっくり時間が取れていいですよね。
腕を磨いて良い写真を沢山見せてください。

ブナの林は私も大好きです。
そのたびギンリョウソウを探しますが、見つかりません。
鍋倉でも、富士山の樹海でも、・・・。
気になる植物です。

hanazakuro さんのコメント...

ブナの透き通るようなきれいな葉がとっても素敵。
ギンリョウソウはいつ見ても不思議な感じ。
渓流写真も私から見ればとっても素晴らしい。

yosiko koko さんのコメント...

新緑の柔らかい芽吹きのブナの木美しいですね~
益々素晴らしい写真を撮られて凄い!さすが。
しっかり勉強された成果がどの写真にも表現されていて感激です。
心和む一時でした。

ちょろ さんのコメント...

ギンリョウソウ・・・私も見てみたい!
ブナの新緑良いですね。

勿忘草 さんのコメント...

ブナの緑がとても新鮮です。
平地では見られない色です。
どんどん腕があがって努力のほどがうかがえます。