水曜日, 5月 23, 2012

金環日食の日は・・・・・

世紀の天体ショーが繰り広げられる21日は雨の予報だったので、きっと見ることはできないだろうと何の用意もしなかった。もちろん知識などは何にも得ない。
その日の朝、目が覚めたらやたらと晴れ渡ったいいお天気。蓼科での一泊の骨休めを決め込んでいたので大急ぎで荷物をまとめて八島湿原へ行きました。ついてみると皆さん三脚を立て撮影をしているではありませんか。関心の高いことに\(◎o◎)/!
降りていく途中で知人に会い、木漏れ日の撮影を勧めていただきました。しかしもう太陽はかけ始めていたので詳しいことも伺えず、教えてくださった場所へ。
私の幼き頃の日食の思い出はもっと暗かったような気がしたけど・・・・・ だから天岩戸のお話はずーと日食の日ではないかと思っていたくらいでした。だけどそれほど暗くはならなかった。一瞬ひんやりとして、神秘的なうす曇りとなって、木漏れ日はどこと探していたら金環日食はあっという間に終わりました。
2台のカメラを操作していた知人は終わった終わったと言いながらやってらして、木漏れ日撮れた?と聞かれたけど何にも出来なかった私に唖然となさったことでしょう。
太陽のかける様子は時々手をかざして見て、ただいつもと同じように空と、太陽とそして八島ケ池にレンズを向けた金環日食時の3枚の写真ですが私はその一瞬静寂を手に入れたように感じました。




4 件のコメント:

doratya さんのコメント...

「撮るしん」掲載おめでとうございます。
「水芭蕉と剣が峰」の写真見ましたよ。素敵な写真です。

すみれ さんのコメント...

金環日食の木漏れ日の撮影
   残念でしたね・・・
 私も 欠ける太陽ばかり見ていて
  木漏れ日は・・・知らなかった~~
やっぱり事前の下調べは
   だいじだなぁ~~って思いました

Tamae Aoki さんのコメント...

事前に考えて準備が
必要だったって私も
つくずくおもってます
残念なおもいもしてます

yosiko koko さんのコメント...

うわ~素晴らしい藤良いですね~綺麗!

可愛らしい鴨さん達の写真も素敵!
さすが~どの写真も見応えありますね。