日曜日, 1月 29, 2012

大寒の季節・・・氷のアート

南信州・根羽村の小戸名渓谷の山肌で水滴を落としていた氷柱が目に止まった。棒きれを持ってきて突くとバラバラと墜ちそうな氷は素晴らしいアートを作っていた。



帰ってから家の近くを注意深く見詰めると、側溝のふちの氷も意外な表情を見せているのに気がつく。
今度は身近な所でいい被写体探しをしてみよう!

6 件のコメント:

kokoro さんのコメント...

氷のアート綺麗ですね~

側溝の氷の絵模様なかなか面白い!
普段気の付かない場所にも素晴らしい世界が
あることをカメラが教えてくれますね。
こんな楽しみ方も夢があっていいな~

doratya さんのコメント...

身近な所に氷のアートありですね。氷の色々な表情探すのも楽しみです。

take さんのコメント...

また又、遠方で芸術作品を撮ってきましたね。なるほどと感心しています。
撮り方によって全てがアートになる・・・
腕が素晴らしいね。

ちょろ さんのコメント...

こんにちは
本当に芸術作品ですね。
ステキ!
私も寒いと腐っていないで・・・どこかに芸術を探しに行こうっと!

姫子 さんのコメント...

このような情景は九州ではなかなか見ることが出来ません。
素晴らしい出来ばえにいつもうなります。

すみれ さんのコメント...

氷の芸術
 見ていると飽きないですね
素敵な写真に
  (´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)