金曜日, 7月 27, 2007

男体山・戦場ヶ原

光徳のハレニレの群落
日光戦場ヶ原

日光東照宮、中禅寺湖、華厳の滝には来たことがあったが、この戦場ヶ原は初めて、ここは男体山と赤城山の神様が争った戦場だったという神話がある。見所は竜頭の滝、戦場ヶ原、小田代原、湯滝…数多くあって一日では到底回りきれない。次回はもっと念入りな計画をたてて歩いてみたいと思った。 

 
男体山は6合目あたりから雨に振られて、頂上まで登っては見たが“行って見ただけ” の一言だということだった。下山後(15時45分)鬼怒川有料道路、日塩有料道路(龍峡ライン・もみじライン)を経由してその日の宿泊地塩原温泉に17時30分着。15日には楽しみにしている山形県飯豊山の開山祭があるので大型台風4号の進路が気になり始めていたが、明日は計画通り那須岳に登ろうということになった。

3 件のコメント:

hanazakuro さんのコメント...

地図を開かなければ分からないほど歩きましたね。珍しいところばかりで、私は一生行けそうにないから、やっぱり写真を全部見せてね。

てんとうむし さんのコメント...

○○おじさんも私も
車にカーナビがついていないので
地図とにらめっこで走って、歩きました。

siketa さんのコメント...

すごい計画性に、さすがーと、感心じながら
楽しませていただきました。
行動力があってね。
また もっとと思う事が、すごーいですね。