日曜日, 4月 22, 2007

八重干瀬(やびし)

春から夏の大潮の干潮時にいつ部が水面上に現れて大陸のようになる巨大なサンゴ礁群“八重干瀬”に行ってきました。
潮の引くのを待って、午後2時頃から竹棹を片手に上陸を始めました。通常は水深2mくらいのところだそうです。

誰もがもの珍しさで、宝物探しに必死、私達S立サークルのピンボケサークルも張り切りました。でもピンボケサークルのこと思ったような写真は撮れませんでした。
テーブルサンゴがびっちり、水の透明度は高くすばらしい世界でした。ただ感激、感動!



6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

素晴らしい//
水色の世界ですね。
わあー。 すごい、すごい//
手も、たたいて、いたかしら?
お話しも、聞かせてくださいね。
(八重干瀬)読みも、難しいですね。
楽しそう。(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

匿名 さんのコメント...

八重干瀬に感動よかったね!!
バッチリ上手く写真摂れてる
私はやっぱりピンボケばっかりでだめす
ブログ一杯上げてね

匿名 さんのコメント...

最高だったね。私の撮らなかった写真ばかりでどれもいいですね。次も待っています。
     (hanazakuro)

ちょろ さんのコメント...

普段は水深2メートルもあるところが・・・
すごい!自然の力はすごい!
とっても素敵な時間が過ごせたのが、この写真から感じられます。いいなぁ・・・

匿名 さんのコメント...

八重干瀬素晴らしいですね
バッチグウで感激(^^♪
珊瑚とても上手に撮れていますね。
珊瑚のところ歩けるなんて幸せ
うらやましいなー。

らすかる さんのコメント...

おかえりなさーい(*^_^*)

写真とたくさんのお話まってます♪